メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

ビニール封筒のヒートシール性

透明封筒とは、その名前の通りに透明の封筒のことですが、それを製造・販売している業者の間では、透明封筒はOPP封筒やCPP封筒と呼ばれて取引きされています。

OPPやCPPと言われても一般の人には何のことか分からないと思いますが、OPPとは英語のOriented Polypropyleneを略した言葉で、日本語では正式名称を2軸延伸ポリプロピレンと呼びます。

これと同じくCPPは英語のCast Polypropyleneを略したもので、正式名称は無延伸ポリプロピレンです。

OPP封筒もCPP封筒も基本的には同じ種類の封筒であり、材質も同様ですが、材質が異なるものもあり、強度などいろいろ点において多少の違いがあります。


OPP封筒は透明度や光沢に優れていて、コシもあって引っ張りや引き裂き強度にも優れていますが、ヒートシール性はあまり良くありません。

OPP封筒は引っ張ってもほとんど伸びることはなく、手触りはパリパリとしているのが特徴ですが、これに対してCPP封筒は引っ張ると伸びるようになっていて、パリパリではなく滑らかな触り心地となっていて、ヒート性に関してはOPP封筒よりも優れているのが特徴です。

また透明度に関してはOPP封筒の方が高くなっていて、CPP封筒は透明度が劣ると言われていますが、それは専門家が見なければ分からない程度の違いなので、使用する時にあまり気にすることはないでしょう。

またOPP封筒は強度はありますが、フチが裂け易いのが特徴ですが、CPP封筒はフチが裂けにくくなっています。

OPP封筒は防湿性が非常に高く、高温度環境下でも安定した強さがありますが、冷温環境下においては強度が落ちるという特徴があり、耐熱温度は130度となっています。

これに対してCPP封筒は130度以上の耐熱性を持っていてボイル耐性があるのが特徴になります。


このようにOPP封筒とCPP封筒は見た目はほとんど一緒ですが、細かい点においてはいろいろな違いがあるので、用途によって使い勝手の良い方を選んで使用するようにして下さい。

また透明封筒には印刷も可能という点では紙製の封筒と同様で、市販の封筒でも片面が白色になっていて、そこに文字などを書き込めるようになっているものもあります。

特注すれば表面に好きな色もデザインも入れられるようになっていて、高級感を出すこともできるようになっています。


多様な用途のある透明封筒

ビニール封筒の特徴はいろいろありますが、ビニール封筒は何といっても透明度が高く光沢に優れているところが一番の特徴でしょう。

透明度が高いということは中に入れた書類や商品が何かをすぐに判別できるということになるので、書類や商品の仕分けを容易にできるようになります。

さらにビニール封筒は商品を販売する時の包装用の袋としても利用できるし、書類を送る際の封筒として使うこともできるため、その用途は数多くあります。続きを読む…


CDやDVDを入れる袋として

透明封筒の用途は多岐に渡っていて、以前では紙の封筒が使われていた分野でも透明封筒が代わりに利用されるようになってきています。

例えば企業がカタログなどをお客さんなどに送る場合、これまでは紙封筒に入れて郵送していましたが、今では透明封筒を敢えて利用する企業が多くなってきています。続きを読む…


ビニール封筒を使うメリット

ビニール封筒を使うメリットはいろいろありますが、ビニール封筒は紙製の封筒に比べると引き裂きの強度に優れているところが大きなメリットになります。

紙製の封筒の場合は少し力を入れて引き裂くことですぐに破れてしまい、その気がなくてもちょっとしたことで封筒が破れてしまうこともしばしば起こりますが、ビニール封筒の場合はよほど力を入れなければ破れないようになっていて、特に中に書類を入れているパンパンの状態であれば、まず破れる心配はいりません。続きを読む…


透明封筒を安く買うには

透明封筒は、ショッピングセンターやホームセンターや文房具店などに行けば簡単に手に入れることができます。

透明封筒は100円ショップでも販売されていて、複数枚入って100円で手に入れることができるので単価的には非常に安いもので、高くても一般的には1枚10円も出せば余裕で購入できるようになっています。続きを読む…


透明封筒の製造工程について

透明封筒とはその名の通りに透明で中身が見える封筒のことで、その製造工程はそれを製造しているメーカーによっても様々ですが、全て専門に造られた機械によって製造されています。

メーカーによって異なる機械を使用しているため、製造工程は異なりますが、一般的には材料になるロール状になっているフィルムを機械にセットして、大きさや厚さをカスタマイズしてスタートさせます。続きを読む…


透明封筒の流通状況について

今では百貨店でもホームセンターでもショッピングセンターでも、透明の袋に入れて商品を陳列していることが多く、さらにカタログやパンフレットなどを企業が郵送する時でも透明の封筒が利用されることが多くなってきています。

透明袋や封筒は、時代を追うごとにその流通量も多くなっていて、日本だけではなく世界中で透明封筒を利用する機会が増えていることが分かります。続きを読む…